ダイエットの知識

脂肪を落とすことが最大のデトックス!

久留米の1万人を健康に!
健康ダイエットサロン・エーパシの井上 彩です。

肌荒れや疲労感、体調不良など、身体に毒素が溜まってそうだなーと感じることはありませんか?
体に毒素が溜まると、免疫が下がって様々な不調を感じます。

そんな時、あなたはどうやってデトックスしていますか?
マッサージでリンパを流したり、サウナでたくさん汗をかいたりといろいろなやり方あるでしょう。

今日はデトックスについて私が衝撃を受けた事実についてお話します。

毒素はどこからやってくる?

体に毒素が溜まると言いますが、その毒素はどこからやってくるのでしょうか。
私たちの体は日々外敵にさらされています。主に

1、大気汚染
2、食品添加物の摂り過ぎ
3、紫外線
4、たばこの喫煙、副流煙
5、お酒の飲みすぎ
6、汚染された水・野菜・魚
7、ストレス
8、薬の過剰摂取

があげられます。
皆さんも心当たりがありますよね。
これらから体のなかに毒素が取り込まれ、蓄積していくのです。

体に取り込まれた毒素はどこに溜まるのか?

皆さんは、体に入った毒素はどこに溜まると思いますか?

私はこれを知ったとき衝撃を受けました!!

答えは…脂肪です!

食品添加物や薬品などに含まれる化学物質は、脂に溶けやすい性質を持つものが多く、摂取した脂肪分と共に脂肪細胞の中に取り込まれ体内に蓄積されます。

肥満であるということは、それだけ身体内に毒素(化学物質)を溜め込んでるのと同じことなのです。

その毒素が絶えず、体内で活性酸素を発生させ、様々なトラブルの引き金になります。

『酸化する=サビる』ということ。鉄がサビてボロボロになったり、リンゴがくすんでシワシワになるように、体内がサビると、様々な病気や老化の原因になります。

活性酸素には、その強い攻撃力で体内に侵入した細菌やウイルスを退治するという大切な役割がありますが、必要以上に増えると、健康な細胞まで酸化させ傷つけます

それならば、活性酸素を作りにくい体にしなければなりません。
まず毒素を蓄積させる場所を作らない。つまり脂肪を作らないからだつくりが必要ということです。

脂肪を落とすことが最大のデトックス

マッサージでリンパを流したり、大量の汗をかいたりしてデトックスをされてきたかもしれませんが、それは慰め程度にしかなりません。

最大のデトックスは、「脂肪を落とす」ことです。

体内に毒素が溜まっていれば、溜まっているほど次々に活性酸素が体内で作られ体を痛めつけます。

活性酸素から体を守るには原因からシャットアウトするのがベスト!
そのためには毒素を溜め込んでいる脂肪を燃やし、やせるのが一番効果的です。

しかし脂肪は体内で燃えますが、毒素は燃えずに、いったん、血管の中に流れ込みます

血管の中の汚れは皮膚かオシッコから排出されます。もしオシッコの量が少ないと、皮膚から毒素を排出しようとするので、やせる時こそ水分をしっかり摂りましょう。

まとめ

体に取り込まれた毒素(化学物質)は、脂肪に蓄積されます。
脂肪を落とすことが最大のデトックス!
ダイエットで、毒素を溜め込まない体を作りましょう。
また脂肪が燃えると、脂肪に溜まった毒素は一度血液に流れ込むので、水分をたくさん摂って、尿から毒素を排出しましょうね。

    お名前必須
    メールアドレス必須
    お電話番号任意
    お問い合わせ内容必須

    個人情報の取扱いについて、同意の上送信します。

    -ダイエットの知識

    © 2021 久留米でダイエットするならエーパシ・ダイエットサロン Powered by AFFINGER5